NEWS1地盤改良部門委員会では,若手委員による共同研究ワーキングとして,2001年8月より,「凍結と凍上現象の地盤改技術良への適用に関する研究会」を設け,活動を行いました。2003年11月27日に本研究会の2年間の活動の報告としてワークショップを開催しました。ワークショップ資料(A4版・全90ページ)を1部\1,000円(税込)で販売しております。お申し込みはこちらまで。なお、論文集の内容は下記の通りです。


凍結と凍上現象の地盤改良への適用に関するワークショップ資料 目次
研究会の経過報告
若手共同研究:「凍結と凍上現象の地盤改良技術への適用に関する研究会」経過報告
 伊藤 譲(摂南大学)
講演
凍上現象とその利用について
 渡辺晋生(三重大学)
研究会報告
1 汚染底泥凍結回収工法
 西野一人(奥村組土木興業)
2 超音波と凍結融解を利用した土壌汚染浄化
 藤原照幸(地域地盤環境研究所)
3 廃棄物処理地盤の無人浄化システム
 平野竜行(竹中工務店)
4 道路盛土下泥炭層の建設副産物等受入地としての利用
 伊豆田久雄(精研)
5 ボードドレーン,浄化剤と凍結の組み合わせ技術
 竹垣喜勝(奥村組土木興業)
関連研究発表
1 凍結とボードドレーンによる地盤改良
 伊藤 譲・嘉門雅史・井口 実・福島信吾・伊豆田久雄
2 凍結吸引と融解通水による汚染地盤の洗浄
 伊藤 譲・新居和人・嘉門雅史・福島信吾・石原廣士・大寺正志・伊豆田久雄
3 凍結による汚染地盤の揮発抑制技術
 伊藤 譲・嘉門雅史・日置和昭・野村忠明・吉田聡志・新海裕隆