規程
 

第1条
(名称)
本部門委員会は、公益社団法人日本材料学会地盤改良部門委員会という。英文では、JSMS Committee on Ground Improvementと称する。

第2条
(目的及び事業内容)
本部門委員会は、地盤改良技術を通じて健全な地盤環境の創造・保全に関する調査研究を行い、学術の発展及び技術の向上に寄与することを目的とする。
第3条
本部門委員会は次の事業を行う。
  1 地盤改良技術ならびに材料に関する調査研究
  2 地盤改良技術ならびに材料に関する講演会、講習会等の開催
  3 地盤改良技術ならびに材料に関する出版物の刊行
  4 その他、第2条の目的を達成するための事業
第4条
本部門委員会は、幹事委員会、分科会をおくことができる。

第5条
(入会の方法)
本部門委員会活動に委員として参加しようとするものは、部門委員会にて1名以上の委員の推薦を受けた後、日を改めて開催される部門委員会にて承認を得なければならない。

第6条
(委員長・運営にあたる委員、選出方法、任務と任期)
本部門委員会に次の委員をおく。
  1 委員長 1名
  2 幹事長 1名
  3 幹事委員 若干名
このほかに、名誉委員、分科会主査をおくことができる。
第7条
1 委員長は部門委員会において選出する。
2 幹事長は、委員の中から委員長が委嘱する。
3 幹事委員は、委員の中から委員長または幹事長が委嘱する。
第8条
委員長は部門委員会を統轄、招集し、その議長を務める。幹事長および幹事委員はこれを補佐する。幹事長は、必要があれば幹事委員会を招集し、その議長を務める。
第9条
委員長・運営にあたる委員の任期は2年間とする。ただし、再任を妨げない。

第10条
(会議と開催頻度)
1 本部門委員会の運営に関する重要事項は、部門委員会で審議する。部門委員会は、年1回以上開催する。
2 必要があれば部門委員会での審議に先立ち、幹事委員会で審議する。

第11条
(会計)
本部門委員会の経費は、日本材料学会本部からの繰入金、委員からの資料作成費等をもってあてる。

第12条
(本規程の改正)
本規程の改正は、幹事会(部門委員会)の承認をえて理事会に提出のうえ承認を得なければな らない。

附則
1 本部門委員会は土質安定材料委員会として1962年10月17日に設置された。(第1回委員会は1963年2月12日開催)
2 本規程は2000年2月14日から施行する(2011年10月5日改正)。

組織

 委員長

勝見 武(京都大学)

 
 名誉委員

嘉門雅史(環境地盤工学研究所・京都大学名誉教授)
植下 協(名古屋大学名誉教授)
田中 茂(神戸大学名誉教授)
西田一彦(関西地盤環境研究センター・関西大学名誉教授)
三瀬 貞(大阪市立大学名誉教授)
山内豊聡(九州大学名誉教授)

 
 企画・広報委員

宮本順司(東洋建設)

 
 編集委員

稲積真哉(芝浦工業大学)


 幹事委員

井 真宏(西日本地研)・伊藤 譲(摂南大学)・稲積真哉(芝浦工業大学)・乾  徹(大阪大学)・
大島昭彦(大阪市立大学)・大山 将(鴻池組)・奥村充司(福井高専)・川蕪N人(竹中土木)・
後藤年芳(後藤技術士事務所)・新坂孝志(三信建設工業)・中西康晴(エヌ、アイ、テイ)
鍋島康之(明石高専)・西形達明(関西地盤環境研究センター)・日置和昭(大阪工業大学)
平田茂良(大和ハウス工業)・宮本順司(東洋建設)・村上恵洋(不動テトラ)